website builder

カスタムメードELサイン

無機ELシートは光るサイズを簡単に作ることが出来る発光素材となりますので、用途に合わせた光るサインを製作することが出来ます。
無機ELシートをバックライトに使用して軽くて安全なサインに。

Mobirise

無機ELシートは光るサイズを簡単に作ることが出来る発光素材となりますので、小さなサインから大きなサインまで、用途に合わせた光るサインを製作することが出来ます。

写真は製作例ですが、サイズカットした無機ELシートにカットしたサイン文字を直接貼り付けて、ラミネート加工を施しています。
薄くて軽いシート状ですので、電源さえあれば必要な場所に簡単に設置することが出来ます。貼り付けるだけの設置もサイズによっては可能です。

重い看板を、必要な光りを表現した軽くて安全な看板にすることも出来るようになります。省電力で光るサインです。

Mobirise

なお、製作例は、AC100V電源のインバーターを使用しています。発光させるサインのサイズによってインバーターも異なりますが、DC12V電源対応のインバーターもありますので、移動して光らせるサインにも対応出来ます。持ち運びも容易ですので、催事などのバックライトとしても適しています。使い方次第で、手軽に光りを作ることが出来るのが無機ELシートの特徴です。

※無機ELシートの配線加工部分、コネクター接続部分、発光装置インバーターは防水仕様ではありません。水が掛かるとショートして感電や発火の危険があり、故障の原因にもなりますので、屋外看板や水が掛かる環境での使用の場合はインバーターの屋内設置や防水対策が必要です。

カラーの表現1.

色違いのELシートを使用する

Mobirise

無機ELシートには発光色の種類がありますので、色違いのelシートを組み合わせて1台のインバーターに繋いで同時に発光させることで、多色の表現が出来るサインを製作出来ます。

見本は、文字にホワイト発光ELシート、ロゴにはブルー発光ELシートを使用しています。
この方法の場合は、発光色そのままの色で光らせることが出来ます。

※ご留意ください:ホワイト発光のELシートの無発光色は薄ピンク色となります。

カラーの表現2.

ホワイト発光無機ELシートのみを使用する

Mobirise

カラーフィルムを使用※ページ上の動画参照。

見本はホワイト発光の無機ELシートをバックライトに使用して、カラー発光させる部分にカラーフィルムを貼り付けて色を表現しています。この方法は多色のELシートが不要で、細かな部分をカラー発光させることが出来ます。費用も抑えられます。ただし、カラーELシートを使用する場合と比較して色合いが薄く見える場合があります。
※ご留意ください:ホワイト発光のELシートの無発光色は薄ピンク色となります。

Mobirise

※カラーフィルムのカットの注意点

カラーフィルムは光らせる部分に形を合わせてカットして貼り付けます。写真のAの方法です。
ラミネート加工を施す場合は、BやCのように大きめにカットしたカラーフィルムを貼り付けると余分な所が浮き出てしまいますので、手間は掛かりますが気になる場合はAの方法となります。
写真は、ラミネート加工後の表面を撮影しています。


オリジナルサイズや形状の無機ELで光るサイン製作につきましては、ルミアド・グループとして提携しているEL製品取扱会社有限会社アイティラボとの共同製作として承ります。
オリジナルサイズのEL製作につきましてはアイティラボで承ります。


掲載画像の色合いは実際と多少異なる場合があります※無断転載禁止。